2013年01月29日

ポップアートとドライブ

ペット・ショップ・ボーイズ「Pop art」(2003年)

  新車を買ったらモーターショーなどで新型車がプレゼンされる時の演出に使われそうな曲をそのまま流してドライブするのもいいかも。高級車でもコンパクトカーでも、最近のクルマはとにかくポップイメージが前面に出てる。良くも悪くもアウディが巻き起こしたデザイン革命の影響に多かれ少なかれ巻込まれている。メルセデスもBMWもフロント周りがどんどん近未来的になっている。日本車なら日産のマーチ・キューブやスズキのスイフトのデザインがコミカルで秀逸だ。コンパクトカーとしての安さではなくデザインで勝負できてると思う。さらに今、ポップデザインで勢いに乗ってるのがホンダ。フィットもN-oneも芸術的な仕上がりです。

  最近、近所にいたインテRがフィットに変わってしまった。後部座席にチャイルドシートが付いたインテRだったので、さすがに使い勝手が悪かったのかな?なんて想像しますが・・・。しかし代わりにやってきたグレーのフィットとてもかっこいいです。さすがインテRを大事に乗っていたオーナーらしい抜群のセンスですね。RSのMT仕様だったら十分に楽しいですし。

  こういったポップなデザインのクルマでデフォルトで装備しておきたい1枚(2枚組だが・・・)がこのペットショップボーイズのベスト盤。都心を駆け抜けるのに合ったポップでクールな楽曲がたくさん入っていて楽しいです。「Heart」「Miracles」「It's a sin」「Domino dancing」「New York City boy」「Where the streets have no name (大ヒット曲のカバー)」といった必殺ナンバーが1枚目の後半に連発します。

推奨ルート・・・中央道を小淵沢まで走って「中村キースへリング美術館」に行こう。(理由:キース=ヘリングの作品に触れると現代に溢れる工業製品(クルマも)のデザインへのイメージが変わる。この音楽と近い世界感があります。近くに八ヶ岳アウトレットもあってデートにいいですよ。)



↓キース=へリングはアメリカのポップアートを代表するゲイ術家です。

posted by ひろべ〜 at 06:00| Comment(0) | ポップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。