2013年02月05日

「非日常」なドライブ

ORBITAL 「SNIVILISATION」(1994年)

  テクノ / ハウスは時代の熱気に漂う蜃気楼にすぎないという印象をお持ちの人も多いと思います。この手の音楽はブームに乗ったアーティストもどきの連中が費用をかけずにデモテープまがいの作品を大量生産してしまうので、他のジャンルの音楽に比べて粗悪なものが多いのは事実です。それでも中には真剣に音楽に向き合うアーティストもいます。その多くは比類なきレコードオタクだったりします。代表的な人がUNKLEのジェームズ=ラベルですね。10代前半からレコード収集に人生を懸けていて、ロンドンの中古レコード店でアルバイトを始めるやいなや、店にやってきた日本人客に熱心に話しかけて、「日本のレコード(YMOとか)を高く買いますよ〜」って言っていたそうである。UNKLEの音楽が日本人の感性にズボっとハマるのも納得だ。

  このオービタルもまたUNKLE同様のタイプのテクノアーティストだ(当時はアシッドハウスとか言ってた)。当時(2000年頃)のイギリスシーンはケミカルブラザーズやアンダーワールドが大ブレイクし、プロディジーやプライマルスクリームといったロックバンドも参入してとても盛り上がっていたが、10年が経過した今改めて聴いてみると、当時に感じた高揚感がほとんどなくなっている。これが「時代の熱気」というものだな・・・。しかしこのオービタルの作品はほとんど劣化していない!当時はやや変わり種という扱いだったのだが、完全に時代を先取っていたようだ。今でも夜の自動車専用道路をクルーズしながら聴くと「夜景」とよくマッチして「非日常」な空間になります。UNKLE作品とともに自分のクルマに欠かさず装備しています(いつも144枚入りのCDファイルを持ち込んでます)。

推奨ルート・・・照明がきれいな道路(首都高かな)で夜のドライブ向けです。間違って山道の真っ暗なところでかけるとちょっと不気味かも・・・。



UNKLEの代表作といえばこれ↓
究極の心地いい音響の傑作


posted by ひろべ〜 at 23:35| Comment(0) | ヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。