2013年02月19日

アテンザと彼女と80年代と

  ディペッシュ・モード「ULTRA」(1997)
  
  いつもクルマの音楽にこだわっていて、人並み以上のコレクションから一番合う音楽を選んでドライブしてますが、必ずしもドライブに一緒に付いてきてくれる彼女は「わぁ〜す・て・き」と感動しているだけじゃない人です。付き合う期間が長くなればなるほど、ドライブのBGMの主導権は彼女に移っていきます(どのカップルもそうだと思います)。彼女が20歳前後で両親が「バブル世代」ともなると、子供の頃からユーミンを聴いて育っているので、ドライブといえばユーミンになるようです(東京・神奈川の地名が歌詞に出てきたりしてとても楽しいです)。

  そんな80年代音楽に親しんでいる彼女なので、もしかしたらと思い、試しに80年代のディペッシュモードを聴かせてみました。どうやら2000年代以降のハウス作品なんかよりは、わかりやすくてとても馴染むようです。ディペッシュモードはU.K.ブームに沸いた90年代半ばには「過去の人」扱いだったので、日本では知名度が低いですね(ロッキンオンやクロスビートが無視した!?)。インディーズシーンのバンドが注目された時代だったせいかもしれませんね(80年代に既に来日公演しているバンドは無視されてましたね・・・)。
  
  それでもこの音のクオリティを考えると、ドライブBGMにはいいんですよね・・・。彼女の最近の口癖は「80年代ポップはドライブ最強」なんですけど、邦楽に限らず洋楽も同じく80年代なのかな?といろいろなアーティストを思い返しながら(リアルタイムではないですが・・・)なるほど!と感じますね。デヴィット=ボウイとかTOTO、ビリー=ジョエルなんかどれも良さそうです。

  この「Ultra」というアルバムは1997年のものですが、このアーティストの年輪を感じる素晴らしい出来映えです。UNKLEやDJシャドウが好きな人なら必ず気に入ってくれると思いますね。年代的にもレディオヘッドの「OKコンピューター」と同じ空気を感じます(世紀末の厭世的な雰囲気?)。なにかと忙しい彼女を半日ドライブに誘ってこれを流してあげれば、日常の多忙さや疲れを忘れる一服の清涼剤になると思います。時間があれば箱根の温泉で一泊もいいですね。

推奨ルート・・・湘南の道路は80年代テイストですね。西湘バイパスや真鶴道路を駆け抜けよう。



【関連する記事】
posted by ひろべ〜 at 10:46| Comment(0) | パンク・ハードロック・メタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。