2013年06月25日

ACIDMAN 「風が吹くとき」  月夜のR246を疾る

  夜のR246は他の道路よりも高性能なクルマが多い気がする。月を見ながらのんびり走っていると、右側を速いクルマがすり抜けていく。立体交差が多くて前方視界がいまいの所もあるし、道路の継ぎ目は少ないが、油断していると突然にガツンとくる。不用意なスピードは出したくないのだが、それでも片側3車線ともなると感覚はスポイルされて、気がついたらとんでもないスピードで移動していることもよくある。

  それでもこの道路には、近辺のドライブ好きを惹き付ける不思議な魅力がある。理由はよくわからないが、強いて言えば「夜空が綺麗に見える」道路だ。立体交差によるアップダウンが多いからジェットコースターのように空を向く回数が多い。R246沿いにあるヤビツ峠から見下ろす夜景も素晴らしいが、R246から見上げる星空の躍動を感じながら、どこか宇宙的で疾走感溢れるACIDMAN(アシッドマン)はとてもよく合う。この「風が吹くとき」以外にも高速クルージングにピッタリの曲が多い。

  それにしても夜のドライブほど世間に「非生産的なもの」として受け止められているものはないだろう。灯り以外の景色など一切見えないし、目的地にふさわしいところなんてどこにもないし、幹線道路や高速道を走ればトラックの艦隊に前後左右を囲まれ、ヘタをすれば居眠り運転の事故に巻き込まれるかもしれない・・・。それでも出かける理由はなにか? あえて言うならば、2人の時間を特別なものにしたいだとか、愛車を存分に走らせたいとかいったことだろうか(愛車と一番心を通わせられる時間が深夜?)。あとACIDMANの楽曲を最高に楽しむシチュエーションかも・・・(部屋で聴いててもいい曲ではあるが)。

  
↓BEST盤もありますが、なぜかこの名曲「風がふくとき」が入っていません・・・

posted by ひろべ〜 at 14:36| Comment(0) | ACIDMAN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。