2013年11月26日

初冬のドライブデート あえてインスト (ジェフベック「jeff」)

  スタッドレスに履き替えてイルミネーションや夜景でも観に行きたい季節がやってきました。最近では夜景がキレイに見えるように、展望台付近のでは電灯が最小限になっているところが多く、どこも真っ暗なんですよね。だからといってデカい懐中電灯とか持っていったら雰囲気ぶち壊しですけど。

  夜景を観に行くまでのドライブもなかなか心細くて非日常な感じで、とてもそそられますね。ウインターソングをゴテゴテに配した”鉄板”の編集盤を聴きながらもいいですが、それは帰り道にとっておいて、行きはもっと「刺激」や「官能」を求めてもいいかも。刺激といってもスレイヤーとかドラゴンフォースはよっぽど特殊な人をナビシートに乗せていない限りはやめておいたほうがいいかも。

  まろやかな刺激が理想でしょうか・・・。アナログ楽器の達人ワザが楽しめる、ジェフ=ベックの「JEFF」は、会話を楽しむドライブデートのBGMとしてなかなかのポテンシャルを持っていると思います。ほぼ全編がギターインストですが、ギターをうねらせて「唄わせる」のを芸風としているので、「音の壁」ではなく「豊かな響き」が聴けます。UKギターロックにありがちな、下手さを誤魔化すディストーションなどは絶対に使わないポリシーに溢れる音色が「知的」で「痴的」です。

  もっとトラヴィスのようなメランコリックさを求める人にはちょっとオススメできませんが、ステレオフォニクス的なやや乾いた音が好みなら、あとは映画のサントラ盤などが好きな人にはドラマチックで無国籍な音響空間が楽しめるはずですが・・・。





↓メランコリック番長トラヴィスの復活!



posted by ひろべ〜 at 06:34| Comment(0) | モダンジャズ・フュージョン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月14日

カフェ風BGM

JACKIE McLEAN 「CAPUCHIN SWING」(1960)

  テレビやラジオや喫茶店で良さげなジャズの曲を聴くとこの世のどこかに自分がとても夢中になれるジャズの名曲が必ずあるはずと変な錯覚が起きることありませんか?ためしに探してみてください。なかなか見つからないと思います。自分の見つけ方は講談社新書などにある紹介本の「逆張り」です。ちょこっと名前が出ているけど、コルトレーンやロリンズよりは「格下」みたいに書かれているアーティストの作品に当たりが多いです。まあ「ブルーノート」レーベルなら・・・ってのはあります。

  後藤雅洋さんの本を貶してるわけじゃないですよ!大学の先生に「ジャズも知らないで音楽語ってんじゃね〜」といわれ、若さと情熱とバイト代のほとんどを注ぎ込んで聴きまくりました。後藤さんの本はとても知的でジャズシーンの全体像や大学の先生の世代のジャズへの認識が手に取るようにわかりました!後藤さんのアーティストへの評価はゼネレーションギャップのせいか?ちょっと違いがありますが・・・。

推奨ルート・・・中禅寺湖の湖畔(国道130号)。群馬の温泉行く時もあえてこのルートで!
     (理由:カフェのBGM風。中禅寺湖の眺めと合わせれば都会派の彼女の気持ちも掴める)

↓ジャッキー=マクリーン「カプチンスウィング」


↓後藤さんの本です。間違ってもこの本の通りにCDは選ばない方が・・・。チックコリアの晩年の作品もいいですよ!


posted by ひろべ〜 at 05:22| Comment(0) | モダンジャズ・フュージョン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。