2013年06月27日

HIATUS 「Centipede」  本気モードのスポーツカーみたいな曲だな・・・

  HIATUSは、元エルレガーデンの細美武士が結成した新ユニットだそうです。正直言ってエルレガーデンについては詳しくなくて、音楽も幾つか好きな曲がある程度でほとんど「ハマって」いなかったです。エルレガーデンからHIATUS(ハイエイタス)になって何が変わったか? 細美さんが何を意図したかとか全くわかりませんが、音楽を聴く限りだと、「BLUR(ブラー)」というかつて一世を風靡した英国バンドがありましたが、エルレガーデンはブラー的な「間口の広い」グループで、HIATUSは「MUSE(ミューズ)」という音楽に対して極めてストイックでアクの強い音作りをするグループへと進化したように感じます。エルレガーデンがBMW Z4のような「スポーティカー」だとすると、HIATUSはポルシェ911GT3みたいな「スポーツカー」といったとこでしょうか?

  エルレガーデンやハイエイタスのファンの方に怒られそうですが、「音」に込められた真剣さこそがこの両バンドの違いのように聴こえます。言葉は悪いですが、エルレガーデンは「雰囲気」を重視した、気楽に聞ける楽曲が多く、まさに恰好だけの「スポーティカー」です。スポーティカーで何が悪いのか?いや何も悪くないです・・・。

  今時、スポーツカーの中で人生の何割かの時間を費やす人なんて職業レーサーくらいなものです。スポーツカーはとても一般人には耐えられない。そしてハイエイタスもそんな音なんですよね・・・。毎日これを聴いていると頭がヘンになりそうです。もちろんとってもカッコいい曲ばかりです。とても中毒性があって「ハマり」ます。それでつい人に聴かせたいという衝動に駆られますが、相当にテンションを高めてから聴かせないとこの曲はおそらく響かないでしょう・・・。相手が忙しい時に聴かせたりしたら「何これクソじゃん」などと言われてしまうかもしれません。

  それでも深夜のドライブなどの高揚感の中で流せば、とてつもない威力を発揮します。とくにこの「Centipede」という曲は、全パートが「疾走感」というコンセプトで一体となって怒濤の如く音が押し寄せます。まるで足回りをスパルタンに締め上げたスポーツカーといった切れ味です。高速道路でこの曲をかけながらアクセルを踏み込むと、曲が終わる3分50秒の内に軽く10kmは走っていってしまうでしょう・・・。




posted by ひろべ〜 at 12:09| Comment(0) | HIATUS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。