2013年02月04日

U.K.版 青春ギターロック @別れの季節に

FEEDER 「COMFORT IN SOUND」(2002年)

  FEEDERは日本人メンバー広瀬隆が所属することでも知られるU.K.ギターバンド。グラント=ニコラスという希代のフロントマンの「泣き節」ボーカルが炸裂するメランコリックなサウンドと、U.K.シーン特有のジメジメしたサウンドとは一線を画したクロスオーバー的(大陸的)な乾いたサウンドが同居する特異なバンドでもある。あのジメジメ(ocean color sceneみたいな)が嫌だという人も楽しめます。ちょっと失礼だがフィーダーは国際的に名前を轟かせるほどの実力のあるバンドではない。U.K.ロックと日本のファンとの蜜月の期間(1993〜2005年)だったからこそ知れ渡ったローカルバンドに過ぎない。どう頑張ってもMUSEやCOLD PLAYには勝てない。しかしそんなバンドでも「まぐれ」を起こすこともある。このアルバムがまさに「まぐれ」だ。MUSEやCOLD PLAYのどの作品にもひけをとらないほどに輝いている。
  
  実はこの4thアルバムはFEEDERが直面した「最大の悲しみ」の中で作られた惜別の1枚だ。

  その「最大の悲しみ」とはオリジナルメンバー(Dr)の自殺。

  2000年前後のU.K.ロックの基本理念は「ニヒリズム」だ。歴史的な失業率を記録していた大不況のヨーロッパ社会の中で「アパシー(無気力)」に取込まれ堕ちていく若者の悲鳴こそがその原動力だった。FEEDERは鬱状態のメンバーの自殺によって自らの「表現」がリアルなものである(作り物ではない)ことを世の中に晒してしまった・・・。今の日本社会に生きていれば、誰だってこの音楽にシンパシーを感じる時もあるんじゃないかな?ゆっくりドライブしながら「傷ついた魂」を慰めるのに最適な1枚。

推奨ルート・・・関越道
  (理由:どこまでも広がる群馬の大地にあなたは何を感じるだろうか?私は耐え忍ぶ人生そのものを見る想いがしました・・・。)




  
posted by ひろべ〜 at 05:09| Comment(0) | エッジ・ビート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月29日

ポップアートとドライブ

ペット・ショップ・ボーイズ「Pop art」(2003年)

  新車を買ったらモーターショーなどで新型車がプレゼンされる時の演出に使われそうな曲をそのまま流してドライブするのもいいかも。高級車でもコンパクトカーでも、最近のクルマはとにかくポップイメージが前面に出てる。良くも悪くもアウディが巻き起こしたデザイン革命の影響に多かれ少なかれ巻込まれている。メルセデスもBMWもフロント周りがどんどん近未来的になっている。日本車なら日産のマーチ・キューブやスズキのスイフトのデザインがコミカルで秀逸だ。コンパクトカーとしての安さではなくデザインで勝負できてると思う。さらに今、ポップデザインで勢いに乗ってるのがホンダ。フィットもN-oneも芸術的な仕上がりです。

  最近、近所にいたインテRがフィットに変わってしまった。後部座席にチャイルドシートが付いたインテRだったので、さすがに使い勝手が悪かったのかな?なんて想像しますが・・・。しかし代わりにやってきたグレーのフィットとてもかっこいいです。さすがインテRを大事に乗っていたオーナーらしい抜群のセンスですね。RSのMT仕様だったら十分に楽しいですし。

  こういったポップなデザインのクルマでデフォルトで装備しておきたい1枚(2枚組だが・・・)がこのペットショップボーイズのベスト盤。都心を駆け抜けるのに合ったポップでクールな楽曲がたくさん入っていて楽しいです。「Heart」「Miracles」「It's a sin」「Domino dancing」「New York City boy」「Where the streets have no name (大ヒット曲のカバー)」といった必殺ナンバーが1枚目の後半に連発します。

推奨ルート・・・中央道を小淵沢まで走って「中村キースへリング美術館」に行こう。(理由:キース=ヘリングの作品に触れると現代に溢れる工業製品(クルマも)のデザインへのイメージが変わる。この音楽と近い世界感があります。近くに八ヶ岳アウトレットもあってデートにいいですよ。)



↓キース=へリングはアメリカのポップアートを代表するゲイ術家です。

posted by ひろべ〜 at 06:00| Comment(0) | ポップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月28日

ネコバスの中で流れてる曲?

  シガーロス「アゲイティス・ビリュン」(1999年)

  「胎内の赤ちゃん」のCDジャケットの絵をそのまま音楽にしたような作品です。「ふゎ〜・・・」っとした曲なんですが、人間が音楽と識別する音程の上から下までを幅広く丁寧に使っていて職人魂すら感じますね。ベースの「どぉぉぉぉ・・・」とハイトーンファルセットの「きゅぃ〜・・・ん」が同時に襲ってくる?いや包みこんでくれます。ギターのハウジングのような音まで緻密に計算して使っていて、ジーザス&メリーチェインからレディオヘッドまで累々と転がる屍を乗り越えて、頂点へ登り詰めたバンド?と言えるかも。このシガーロスの作品を日本の旧型高級セダンの「ふゎふゎ・・・」な乗り心地と組み合わせると、まるでネコバス(@となりのトトロ)のような「胎内回帰」体験になりそう。
  
  程度のいい旧型クラウンやマークUがほしいかもってたまに思ったりします。内装もベージュ系で、シートもレザーで、シフトノブがちょっと年代を感じるので革を巻き直して、インパネにLED照明でも入れて演出すれば・・・。ゼロクラウン以降、トヨタも固めの足回りに変えてきてますね。久しぶりに実家の2002年製カローラに乗ったら乗り心地いいですね。自分の2012年製マツダよりぜんぜんゴツゴツしないです。ふゎふゎとまではいかないですけど、2002年頃までのカローラは喜ばれますよ。出来れば静かなクラウンかセルシオがいいですけど。金メッキホイールのセルシオでシガー・ロス聴いてるってなんかとてもシュールだけど理にかなってますね。

推奨ルート・・・国道299号線(埼玉県入間市〜長野県茅野市)
(理由:関東甲信越が誇るスーパー酷道!を駆け抜けよう・・・途中区間冬期閉鎖だそうです。)



posted by ひろべ〜 at 05:28| Comment(0) | ヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。